青汁に含まれるカフェインについて

どうしてカフェインがダメなの?

 

カフェインは日常生活で口にする飲み物の中に、普通に含まれている成分です。そのため、カフェインが危険な成分である、というわけではありません。むしろカフェインは記憶力を高めてくれるとか、疲労の回復効果があるとか、様々な期待をされている成分です。ではどうしてカフェインは気を付けたほうがいいのでしょうか?

 

それは、カフェインによって不調を招く恐れがあるからです。過剰摂取によって、本来なら適度に疲労回復して元気になるはずなのに、反対に興奮しすぎる可能性があります。またそうなると心臓にも過度な負担がかかってしまうでしょう。青汁を夜飲むという人は特に気を付けなくてはいけません。これから体が静まっていく時間帯なのに、そのタイミングで青汁を飲んだことで眠れなくなったりといった悪い影響も考えられます。

 

カフェインが含まれる青汁って?

 

青汁の中にカフェインが含まれるかどうかは、まず抹茶が入っているかを確かめましょう。飲みやすいようにと抹茶を配合している青汁は多いです。実は抹茶の中にカフェインが入っているので気を付けてくださいね。抹茶が入っていると青汁としてはかなり飲みやすくなります。でも、飲みやすい青汁だということは、何かしら添加物が入っている、という意味でもあります。もちろん抹茶は基本的に問題のない成分ですが、カフェインを摂取したくない人や、摂取しないほうがいい人にとっては排除したい成分ですね。

 

妊婦さんは気を付けよう

 

健康を気遣う妊婦さんは、赤ちゃんのためにも不足している栄養素を補いたい、と青汁を飲む人が増えます。その場合は必ず抹茶が入っていない、カフェインが入っていない青汁をおすすめします。妊婦さんはカフェインを分解するのに時間がかかりますし、血液を通じておなかの中の赤ちゃんにも運ばれていきます。赤ちゃんはカフェインを分解する力が弱いため、影響が出てしまうでしょう。

 

青汁は様々な成分が入り、一気に栄養補給ができるので便利です。しかし、一つ一つの成分をチェックしてみると、入っていないほうが好ましいと思われる成分もあります。自分が飲む青汁の成分はちゃんとチェックしておきたいですね。