形状別で青汁選び

粉末やフリーズドライの青汁

 

青汁として購入する場合、粉末タイプが今は多くを占めているはずです。青汁を特殊な方法で粉末にするものもあれば、冷凍してフリーズドライ、というようなものがあります。フリーズドライでも粉末と同じような形状になっていることが多いですね。

 

粉末やフリーズドライのメリットは、持ち運びがしやすいということです。また保存もしやすく、アレンジも簡単です。粉末さえ持ち歩いていれば、外出先でも水やその他の飲み物と混ぜて飲むことができます。賞味期限も長いため、保存も簡単ですよね。また、青汁としてだけではなくて、粉末を料理に使うこともできるでしょう。

 

ジュースに混ぜれば、そのままでは苦くて飲めないような青汁でも、マイルドな味になって飲みやすいですよね。

 

ただし、粉末にする際、高温処理をしている青汁は要注意です。熱を加えることで死滅してしまう成分があるため、あまり高い温度を加えずに処理している青汁を選んでください。

 

冷凍の青汁

 

青汁の原材料を絞り、それをそのまま冷凍しているタイプです。青汁をただ冷凍させているだけなので、鮮度は十分に保たれている点がメリットです。処理する段階で失われてしまいがちな成分、特に食物繊維などは冷凍の青汁のほうが豊富に含まれているでしょう。

 

ただし、やはり味は少し独特で、青汁らしい味わいが残ります。

 

ジュース仕様の青汁

 

青汁として店頭で販売されているものが、ジュース仕様の青汁です。青汁100%というものも販売されていますが、店頭で見かけるほとんどが飲みやすいようにミックスされています。店頭で手に入りやすく、飲みやすい工夫がされている点はメリットですね。

 

ただし持ち運びなどはできないですし、鮮度が命なので保存できる期間が短い点は気を付けましょう。

 

青汁はライフスタイルに合わせて決める

 

青汁は毎日飲むことを基本としているため、ライフスタイルに合わせて毎日飲みやすい形状のものを選んでください。朝毎日1杯飲むのであれば、家にいる間に飲めるジュース仕様でも冷凍でもいいですね。反対にわざわざ溶かして飲むのが面倒で粉末タイプは向いていないかもしれません。

 

でも反対に、外出先で飲むのであれば、粉末タイプやフリーズドライが便利ですよね。自分が飲みやすい形状の青汁を見つけましょう。