原材料の栽培方法の違いで青汁選び

無農薬栽培

 

農薬を使わずに栽培をする方法が、無農薬栽培です。栽培されている間に農薬を使っていない場合に無農薬栽培で育てた、とすることができます。確かにその間は無農薬で栽培されていても、その前の年は農薬を使っていたかもしれません。化学肥料もまだ残っているかもしれないですよね。無農薬と聞くと安心感があるでしょうが、畑には去年の影響も残っていることを考えましょう。

 

もちろん、栽培中に農薬を使って育てるより無農薬であるほうが安心ではありますが、影響が残っていることも考えなくてはいけません。

 

有機栽培

 

無農薬であることと、さらにそれ以前の2年から3年に農薬や化学肥料を使っていない畑で栽培されていることが前提となります。無農薬よりもさらに厳しい基準が設けられていますね。

 

有機栽培で育てられた野菜はどうかを判断するのは、有機JAS認定と呼ばれる認定マークがついているかどうか、です。青汁を購入するときに、製品ページやパッケージなどをしっかりとチェックしましょう。有機JAS認定マークが入っていれば、その青汁に使われている野菜は有機栽培で育てられた、ということになります。ただ、100%というわけではありません。青汁は95%以上の原料が有機栽培で作られている場合に、有機JAS認定となります。

 

もちろん主原料がその基準を満たしていればいいというわけではなくて、主原料を含む、配合されている成分のすべてを対象としています。すべての95%以上となりますから、安全性はかなり高いですよね。

 

野菜の栽培へのこだわりをチェック

 

無農薬よりも有機栽培のほうがレベルが高い、ということはわかりましたが、どちらにしても野菜への栽培にこだわりが高いメーカーであることに間違いはありません。安価で販売するために、農薬や化学肥料がたくさん使われた野菜を主原料として青汁を栽培していると聞くと、安全性が心配になりますよね。健康のために青汁を飲んでいるはずなのに、体に良くない成分を摂取し続けることを考えると、不安になるでしょう。

 

原料として使われている野菜の無農薬や有機栽培は大前提として選ぶことをおすすめします。体のためにも、心配になる成分は摂取することがないよう、気を付けてくださいね。