原材料で青汁選び

野菜の王様、ケール

 

青汁で主原料としてよく使われている野菜といえば、ケールではないでしょうか。あまり店頭ではみかけることがないのですが、実は野菜の王様と呼ばれているのは知っていますか?元はケールを主原料としているものが青汁とされていました。

 

ケールを主原料としている青汁は、まさに青汁と呼べるような、独特な苦みや青臭さがあります。アブラナ科なのですが、キャベツの仲間でもあります。そう考えると、とても身近な野菜に感じますよね。

 

苦みや青臭さは強いですが、その分栄養価はとても高いです。成分としては、食物繊維や葉酸、カルシウム、ビタミンCなどです。メラトニンと呼ばれる、安眠のために必要なホルモンも含まれているので、健康のためにぐっすりと眠りたいという人にも最適ですね。

 

ケールを主原料としている青汁は、とても栄養バランスがいいです。そのため、青汁で何を主原料としているものを選んだらいいのかわからない、というときはケールの青汁がおすすめです。

 

美容をメインとしたいなら大麦若葉

 

大麦若葉も主原料として多く使われているのですが、特に美容をメインとして青汁を飲みたい人にはおすすめです。SOD酵素と呼ばれる、肌の老化や酸化に影響する活性酸素を抑制してくれる成分も含んでいます。それ以外にも、気分を落ち着けるトリプトファンなども入っているので、ストレスによって肌荒れを起こしやすい人にも最適ではないでしょうか。

 

苦みも控えめなので多くの人が飲みやすいと感じられます。

 

日本原産の野菜なら明日葉

 

明日また葉が出る、という理由からつけられた名前です。それほど強い生命力があるという意味ですね。ビタミン類を多く含んでおり、健康に不安を感じている人におすすめです。こちらもケールよりも苦みや青臭さは抑えられているので、比較的飲みやすい青汁といえるでしょう。

 

基本としてはこの3つを主原料としている青汁で考えてみてください。それぞれ特徴があるので、自分が飲みやすくて続けやすい、そして効果が出やすいものを選んでください。